今日は大切なことを書こうと思います。

食事療法をする上で大切なことなので最後まで読んでいただきたいです。

タイトルにも書いたように、グレープフルーツなどの柑橘類と食べ合わせの良くない薬(CYP3A4で代謝される薬)があります。

グレープフルーツにはフラノクマリン類という成分が含まれています。

このフラノクマリン類を摂取すると、薬の作用を高めてしまうので、副作用が強く出てしまうことがあります。

なので、該当する薬(CYP3A4で代謝される薬)を服用している場合は、グレープフルーツを食べないようにしなくてはなりません。

フラノクマリン類を含む柑橘類はグレープフルーツ以外にもあるので、それについては後述しようと思います。

では、具体的にどの薬が該当するのか書いていこうと思います。

〈グレープフルーツと相互作用のある薬〉
色々な薬が該当するのですが、特に癌の人が使う可能性のある薬を挙げておこうと思います。
グリベック
イレッサ
タルセバ
レグパラ
タイケルブ などです。

他にも降圧剤、血管拡張剤、抗血小板薬、高脂血症用剤、免疫抑制剤、抗てんかん薬などにもグレープフルーツ等の摂取に注意しなければならない薬があります。

飲まれている薬の添付文書に“CYP3A4で代謝される”と記載されているかどうか調べてみてください。

添付文書の「相互作用」や「併用注意」の項目にもグレープフルーツの記載があると思います。

CYP3A4で代謝される薬だった場合は、主治医の先生や看護師さん、薬剤師さんにグレープフルーツ等の摂取を控えた方がよいか聞いてみてください。

特に薬剤師さんは詳しいので、丁寧に教えてくれると思います。


〈なぜグレープフルーツ等が薬の作用を高めてしまうのか〉
小腸にはCYP3A4という酵素が存在します。

薬を飲むと、薬が腸まで届き、腸で吸収されます。この時に腸に存在するCYP3A4でいくぶん薬が分解されます。

一方で、グレープフルーツにはフラノクマリン類という成分が含まれています。

このフラノクマリン類が小腸のCYP3A4の働きを弱めてしまうんです。

なので、グレープフルーツを食べると、CYP3A4の働きが弱まるため、薬が分解されずたくさん吸収されてしまいます。

こうしてグレープフルーツを食べると薬の血中濃度が高くなってしまうのです。


〈薬の血中濃度が高くなるとどういった問題が起こるか〉
例えば抗がん剤では、血中濃度が高くなると副作用が強く出てしまうことがあります。

副作用がひどい場合には減薬や休薬となってしまう可能性があります。

なので、CYP3A4で代謝される薬を飲んでいる場合は、フラノクマリン類を含む柑橘類を食べないようにしなければなりません。


〈フラノクマリン類が含まれている柑橘類やその他の果物、野菜 (摂取を避けてください) 〉
グレープフルーツ、ハッサク、ザボン(ブンタン)、ダイダイ、スウィーティー、晩白柚(バンペイユ)、夏みかん、甘夏、メロゴールド、レッドポメロ、サワーポメロ、メキシカンライム、パール柑、サンポウカン、キンカン、山ぶどう、ブラックラズベリー、イチジク、ザクロ、ブラックマルベリー(桑の実)、パセリ、セロリ、三つ葉 など


〈フラノクマリン類をほとんど含んでいない柑橘類 (サイトによって、少量なら摂取可能としている病院と摂取可能としている病院がありました。) 〉
レモン(果肉のみOK)、ヒュウガナツ(果肉のみOK)、スウィートオレンジ(果肉のみOK)、ネーブルオレンジ、カボス、すだち、いよかん、ゆず、ぽんかん

注意:レモンとヒュウガナツとスウィートオレンジは、果肉部分はフラノクマリン類をほとんど含んでいないのですが、果皮の部分はフラノクマリン類を多く含んでいるため、果肉の部分のみ食べるようにしてください。ジュースや市販のレモン果汁などは、果皮部分も含まれていることがあるので注意してください。


〈フラノクマリン類を含んでいない柑橘類 (摂取可能とされています) 〉
温州ミカン、デコポン


〈このブログで使っている柑橘類について〉
私はよくレモン、すだち、ゆずなどを使っています。

レモン(果肉のみ)、すだち、ゆずは一応摂取可能とされていますが、CYP3A4で代謝される薬を飲んでいる方はお気をつけください。

レモン等を使うレシピの場合には注意書きをしようと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。